deep-blue00’s blog

ゆるさ、模索中。

継続と自己承認

昔、よくお邪魔しているブログがあった。
確か、お医者さん?の書かれている
医療関係の小話がときおり登場するブログで。


まぁ、知識としていつか役に立つかも、ということもあったけれど
何よりもその方の目線で書かれた記事が好きで。

その方の過去の記事を読みあさったりしながら
更新を楽しみにしていた。



ある時から、そのブログでは
過去の記事をリメイクして新しい記事としてアップされる事が増えた。


あぁ、お仕事の関係上
きっとご多忙なのだろう。
そう想像しながら
私は応援の意味を込めてポチポチッと、スターを送っていた。



そんなことがしばらく続いたある日。
その方が突然「ブログをやめます」という記事をアップした。


読んでみると、
「最近、過去の記事に修正を加えてアップしていたが、きっと記事にスターを押していく誰ひとりとして、そのことに気付いてはいなかっただろう」そんな旨の文章が書かれていた。



…気付いていたよ。

ポツリとそうつぶやいた。




けれどそのブログ主は、
記事に寄せられたスターの数を
きっとそう受け取ってはいなかったのだと
私はその時に気づいて。

とても複雑な気持ちになった。




他己承認としてスターやブックマーク、読者登録を欲っする人はきっと多いだろう。



けれどそれらが増えすぎたとき。
ふと立ち止まったとき。

その意味をあらためて考え、
疑問に感じる人もきっといるのだろうと思う。





何にどんな意味を求め、
それをどう受け取るか。


それはいつだって、
受けとった人の、心次第なんだろう。

時計の音。

ふと、夜中に目が覚めて。



しばらくはお布団の中でゴソゴソやっていましたが
当分、寝つけなさそうだと思い、
起きて食器を片付け。

ひと段落して、
買ったまま読んでいなかった本を
ダイニングでゆっくり読んでいました。


集中して本を読んでいて、
しばらくたって。

時計の秒針の音が、急に耳に入ってきました。



我が家のダイニングには、
紺色の時計が壁にかけられていて。

その時計の秒針の音が、
静かなダイニングに響いています。

もちろんその音は、
私が本を読みはじめる前から今まで、ずっと響いていました。



この時計は私が子供の頃からずっと使っている時計で。

この秒針の音が聞こえる、ということは
私にとって
安全な自分の部屋の中にいる、という証に
どうやらなっているらしく。
この音が聞こえると、心がおちつきます。



元々、私は外からの刺激・ストレスに過敏なタイプで。
子供の頃や、ひとり暮らしの時。
安静時に心臓がバクバクすることが、よくありました。


いっこうに落ち着かない自分の心臓の音を、
布団の中でまるくなりながら、ぎゅっと胸を押さえつけながら、

この秒針の音に耳をすませて、
自分の心臓の音が落ち着くのを待っていたなぁ。



・・・眠るのが、こわくて。


眠ってしまうと、あっという間に朝がきて。
また今日と同じ明日が来るのが
すごくすごく、こわくて。


怯えてる自分に
「大丈夫…大丈夫、だから、、」と
毎日毎日、言い聞かせながら眠ったなぁと。

ふと、そんなことを思い出しました。



今は旦那さんの横顔を見ながら
安心して眠りについて、
毎日気持ちよく朝を迎えられるようになっていて。


いつの間にか、
安心して眠れることのありがたさを
私はすっかり忘れていたんだなぁと

そんな昔を少し思い出して、
しみじみ思いました。