deep-blue00’s blog

日常の中の、ちょっとしたことを。

スマートニュース砲というものを被弾しているらしい

14時頃、なんの気なしに自分のブログのアクセス解析を覗いてみたら何か見た事のないようなアクセス数が表示されていた。

f:id:deep-blue00:20190119212408j:plain

とうとうアクセスカウンターが壊れたのか??と素で思った。昔のブラウン管テレビを思い出し、横を叩いたらなおるんか??と思ったが、そもそもウェブ上のトラブルなら叩いたところで直るはずがないかと思いなおしスマホを叩くのはやめておくことにした。そういえばpc版からなら流入の詳しい経路を見れたはず、ということを思い出し、pc版を起動したら見慣れない文字が表示されていた。…何だ?コレ。

f:id:deep-blue00:20190119215352j:plain

そういえば以前『スマートニュース砲』というものがあるらしい、という記事をみたことがあった。ウェブ上の情報サイトみたいな所で自分の記事を取り上げられることを『スマートニュース砲』というらしい。「PV爆上げ!」みたいなことが書かれていた。うん、確かに上がってるね。でも喜びよりも一体何のドッキリだろうかと疑うイキオイだ。一応スマートニュースとやらで自分の記事を探してみたけれど、見つけることはできなかった。なんだ、やっぱりドッキリか。隠しカメラはどこだ。(え。)


…うん、何か、混乱してて記事がまとまらない。とりあえず、落ち着こう。
嬉しい(正直、ちょっとコワい)と思うその反面、そもそもこれは自分の手柄ではないと思った。なぜなら被弾した記事は本来、書く予定がなかった記事なのだ。よく私のブログに遊びに来てくださる方がその前の(例によっていつもの、)つたない文章の記事に興味を持ってコメントをくださり。それが嬉しくて「何か楽しい話題を提供できたら」と、書かせて頂いた記事だ。よって、今回のそれはご縁をくださったその方から授かったもので。私の手柄ではあり得ないのだ。
そこまで考えてふと、自分のブログを振り返ってみると。そもそも、私がこんなふうにブログを続けてこれたのは記事を読んでスターを押してくださったり、嬉しいあたたかいコメントをくださったり、「良かったよ!」とブクマをつけてくださったり。はたまた、ビビリな私の性格を案じて影から|д゚)チラッとたまに様子を見に来られては人知れず帰って行かれる方々のおかげなんだな、と思った。(最近お邪魔する先が増え、色んな方の考えを拝見するようになってブログが楽しくてしかたがない。)

私がいつも書く記事は今回、ご縁を頂いたスマートニュース砲の記事のように万人受けするものでは決してないと思う。(毎回文章まとまってなくて長くて、文字でページ黒いし。)けれど、そんな記事でも読みにきてくださる、様子を見にきてくださる方々がいるというのはありがたいことだな、と今回の件を受けて思った。

いつもありがとうございます。
文章下手くそで自己主張も強い、ときに根暗なブログですが。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

オンラインゲームで知り合った旦那さん。

「物事を選択するとき、自分の直感を信じきれなくて後悔することがちょいちょいある」車に乗っているとき、旦那さんにそんな話をした。

私は何か行動や選択をするとき、理屈から入りたがる。直感に理屈がうまく結びつけられない場合、直感でない無難な選択肢を選び、結果失敗してしまう。そんなことが少なくない。それを聞いた旦那さんは「オレは思い立ったら即行動だからなぁ。とりあえずやってみて、失敗したらそん時にまた考えればいいや。って思ってる」と笑った。旦那さんはそういう部分において、私とは正反対の性質を持っている。頭の回転・行動が私よりもずっと速いのは、その積み重ねなんじゃないだろうかとたまに考える。(考えていてもなかなかマネできないのだけれど)

「オレを旦那に選んだのは直感?」やや茶化すような言い方で、そう尋ねられた。話がマイナスに進みにくい質問。適切な判断だなと思った。私はかぶりを振って「ううん。直感じゃない。確信。」と短く、でもはっきりと返した。「ほぅ?」興味深げに言って「どういうところで確信したの?」と尋ね返してきた。私は「『約束をしない理由。』それを聞いて、確信した」と返した。


私と旦那さんはもともと、オンラインゲームの中で知り合った。当時はまだ、ゲーム内にいる私の友人のうちのひとりであった旦那さんは、前もって誰かと遊ぶ約束、というものをしない人であった。正直、私は『約束をしない』という人に対して偏見があった。約束をしない人というのはつまり、人との約束を守れない人、悪い言い方をすると『約束を守れないから、約束することができない人』という認識であったからだ。けれど、彼(のちの旦那さん)は周囲にいる人を大切にする人であった。パッと見は素っ気ない、またはテキトウな印象を与えるような発言を周囲にすることがたびたびあったけれど、普段の言葉選びには相手の意見を尊重したり、思いやったり、サポートしたりする配慮がいつもさり気なく、散りばめられていた。

なぜそんなことをできるような人が、人との約束をしないのだろう。私の中でその2つの事柄はかなり矛盾する内容で。不思議でたまらなかった。親しくなってから、二人で遊んでいるときに思いきってその理由を尋ねてみた。彼は「だって、約束すると、お互いにそれを守らなきゃならなくなるでしょ? だから、しないんだよ。だって、面倒くさいじゃん」とヘラヘラしながら言った。先ほども伝えたとおり、彼は彼自身がテキトウな人間であると、意識して装っている部分があった。私は、自分の質問を適当に誤魔化されているような気がして、ちょっとイラッとした。「違いますよね? それは無責任な人が言うセリフです。無責任な人は、こういう場面であんな言い回しや、あんな言葉、使いませんよね。ちゃんと、知りたいんです。」過去の彼の発言を例に出して、そんな風に、ツッコんだ。


彼は「あ〜…。そんなところまで、見てたの?」とバツの悪そうに、ちょっと照れくさそうにしながら言って、今度はきちんと、噛み砕いた説明をしてくれた。「たとえば『▲時から遊びましょう、』って約束をしたとする。いつもお互いに一通りのことが落ち着いて、余裕のある時間帯だから、と。でもその日、たまたま仕事でトラブルがあって、約束のギリギリの時間に帰ってくるようになってしまった。夕飯も食べてないし、家のこともまだ何もできていない。そうなった時、どっちの立場でも、気を遣うでしょ」と。

聞いてて、なるほどな、と思った。「すみません、仕事が押しちゃって夕飯まだ食べれてないんで、今から急いで食べます! 15分だけくださいっ!!」って言える人ばかりでもないし、待ってる側からすると「いやいや、別にゆっくりでいいし。しっかり食べてよ。なんだったら後日でもいいし。」って感じだけど、待たせてる側は申し訳なさすぎてめっちゃバタバタする。なんだったら夕飯も抜くイキオイになる。

彼「あらかじめ約束してなくても、そもそも『メシなんかどうでもいい。メシ食ってて遊ぶ時間が減るくらいなら、遊ぶことを優先したい。メシは後ででも食べられるから』って人も、中にはいると思う。それならそれで、別にいいと思う。その人がそうしたいんだから。でも、約束してて、時間が押しちゃって、だからできない、ってのとは、またハナシが別でしょ?」

当時の私からすると、目からウロコな回答だった。そんな考え方があったのか、と。良い意味で裏切られたのだ。



「えっ。てか、その話、した?? 人に話すようなコトでもないから、あんまりしないんだけどなぁ…。しっかし、よく覚えてるなぁ…」今、となりの運転席でハンドルを握っている旦那さんは、軽く握った左手で口元のあたりをこするような動作をしていた。ちょっぴり照れているようだった。当時は音声での会話だけだったので彼の所作を見ることはできなかったけれど、あの時も、きっとこんな感じだったのだろう。今は画面を通してじゃなく、その人が目の前にいる。フシギな感覚。

今まで色んな選択を間違ってきたりもしたけれど、これは間違いなかったと私が言える、選択のうちの1つ。たまに、今でも信じられないんだけれど、彼が私の、旦那さんなのである。