読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

deep-blue00’s blog

思ったことをぽつぽつと。たま~にダークブルー(笑)

もし、面接に受かったら。

今日、面接。

傘さして、面接を受けるべく、最寄りの駅まで歩いていた時のこと。

 

ぼんやり、

「もしこの面接に受かったら・・今の職場の在籍メンバーに、

 私がしてあげられることは、何だろう」って思った。

 

平日、少ない人数でひっきりなしに鳴り響く電話を

毎日毎日受け続けてるメンバー。

在籍人数もどんどん減って、残業とか休日出勤とかの依頼も

シフトが出るたんびに毎回要請かかってる状態。

そんな過酷な状況の中、みんなを置いて転職する私。

 

・・何が、できるだろう。

 

仕事で無理をしすぎたら、

気付いた時にはガッツリメンタルが落ちてて、

かえって周囲に迷惑をかけるのは目に見えてる。

(未だに、自分の感情とかに対する感覚がニブく、

 不調になってから「あぁ、無理してたのか」

 ということに気付くことが多い)

 

じゃあ、仕事のほかに、みんなにしてあげられることは?

何をしたら、みんなの役に立てるだろう?

 

そう考えて、

その言葉自体に違和感を感じて、立ち止まる。

 

・・・みんなのために「役に立つ」「してあげる」。

 

・・なんか、この場合の「役に立つ」って使い方、自分犠牲にする

偽善っぽい雰囲気あって・・ちょっと、違う気がする。

 

「してあげる」も、上から目線で。

なんとなく、見返りを求めてる感があって、あまり好きじゃない。

(どっちも他の状況や、他の人が使うと

 気にならないんだろうだけど。)

 

んじゃ、なんて表現すればいいのか(笑)

 

・・・・・。

 

 

「何を、したい?」

 

 

「人のため」ではなく。

何かをしたい、そう思った、自分のために。

「何を、したい?」

 

そう尋ねながら歩いた、皮算用な面接の行き道(笑)